2018年04月17日

春の BC SKI TRIP その2 八甲田3日間 4/15-17

引き続き関東テレマークレディースチームとのウロコ板ツアーは八甲田にステージを移して❗
ベースの谷地温泉には2名が待機しており、14日夕刻到着のわれわれと合わせて総勢5名での行動開始✊
1524026924489.jpg

1524026958868.jpg
・・のつもりが、前夜の雪は雨に変わっていた⤵
となると山滑日和にはほど遠いので、リクエストに応じめったに行かれない青荷温泉訪問と決定✋
こちらも未経験の地。お湯といい建物といい従事する方々といい、すべてが好印象で八甲田ツアーの締めくくりとしてぜひ♨宿泊したい🎵とレディース絶賛❗
先発隊にとってはありがたい?休養のひととき〰的のような。
1524021470903.jpg
八甲田の二日め、前夜から朝方にかけまた雪になってしまったようで、宿の周りが白く一変。
夜半は風も唸っていたし、いちにち気温も上がらないというような予報でもあるし・・入山地点の標高が低めの箒場から雛岳林間ねらい。
1524021529180.jpg

1524021564225.jpg

1524021870306.jpg

1524021611409.jpg
ブナ林帯の中腹にいったん休憩地点を設けそこから下部をメインに午前中登り滑りし一帯は早くもシュプールだらけ。各々至極活動的⤴⤴
1524021632916.jpg

1524021801929.jpg

1524021513847.jpg

1524021486400.jpg
徐々に青空が拡大し、陽射しのおかげで表層が固かった上部もいいユルみ具合となり、POWDER!といってよい純白の雪が載った急斜面なども気持ちよく滑走できるようになった午後、さらに行動範囲は広がった模様。
上から男女ペアのATスキーヤーが降りてきたが、すでにわが隊のシュプールだらけとなった林間斜面にがっかりしたかもしれない。
箒場に戻って少しお話ししたら、山頂部のオープンスロープはとてもよかったとのこと。
こちらも前日雨で休息した分はしっかり取り戻すほど動き回った感💨あり。
下山の頃にはすっかりシャバシャバになったザラメが重く感じるようになっていた。
DSC03250.jpg
最終日の今日、雲ひとつない快晴となり、谷地温泉ならば🆗と満を持しあたためていた田大岳の大きなスロープをターゲットに👊
DSC03249.jpg

DSC03252.jpg
前日の新雪はほぼ良好なザラメと化し、まともに当たる太陽光のおかげでウロコ板のグリップに安心感。
アオモリトドマツ帯のまだらな旧雪部分は光が反射してキラキラ・・そう、フィルムクラスト形成済み🎶
DSC03256.jpg

DSC03258.jpg

DSC03257.jpg
新雪部分も滑りはよい。
フィルムクラストで覆われたスロープが眼前に広がっているので、行き先は躊躇なく決定✊
ノートラック&貸し切り🎵🎵
今回のメインイベントとして文句なし✌
最高級の春雪を田大岳の一角で堪能することができ一同大満足のはず💡
谷地温泉もまた前半の八幡平同様、親身なもてなしと旨み溢れる食と独特な泉質で日々リフレッシュさせていただいた印象。
八甲田スキーツアーには欠かせなくなりそう‼
しつこいようだがフィルムクラストはやばいくらいに素晴らしかった。


posted by FOJI at 23:13| Comment(0) | BC SKI 八甲田連峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。