2016年12月28日

今季再び一ノ腰

DSC00989.jpg
3年ぶりにみちのくtelemarkski行脚に来られたT中さんご夫妻とお会いするため🎵に森吉山行きを前日急遽決定!
山道具のことや生活様式について、とても共感できる信念をお持ちで一緒に行動できるのが楽しみ。DSC00978.jpg

DSC00979.jpg
テレマーク山荘森吉山泊というので、行先は・・外輪から上が雲のなかでもあったし、スキー場跡地の開けたスロープでチョコチョコ遊ぶ✊つもり。
車道を2km近く強引に進入し駐車スペース確保の雪寄せ!と充分なウォームアップをこなしてハイクスタート。5〜10cm程の新雪は、昨夜からの晴天による放射冷却もあってかサランサランで抵抗なく板先を出していける。
DSC00987.jpg

DSC00991.jpg
取りついた斜面の中間地点、その辺りが快適な滑走場であったが、お昼どきとなり腹ごしらえしていると上部のガスが消え展望良好!
もう少し上まで👊と登り続けるうち、結果外輪ピーク一ノ腰に立ってしまった🆗
F家はまたもシールレスでの完登。
この数日の風向きにより稜線部東側はウィンドパックされ、新雪の溜まりは通常と真逆の方向に移動。
残念ながら今回も山頂部の展望はなく、長居することなく滑走モードへと切り替え。
DSC00995.jpg

DSC00996.jpg
ブッシュの間隙をついてのダウンヒルは爽快とはいかないが、良質のPOW!が全行程を覆っていることもあり今までの修行風雰囲気は一切ない🎵T中さんの日常スキーツアーコースに比べたら広々としているとか⁉
日に日にゲレンデ跡の低木が雪に埋まってきてるのは確か。
DSC01000.jpg
スタート地点に戻るまで、天気が良かったにもかかわらず気温の上昇がない!
おかげで枝に咲く雪の花も終始見られたし最後まで粉雪のなかを行動できるとは・・幸運な年末のイチニチであった。クルマにたどり着くころから薄雲に太陽が消され、やがて小雪が舞ってきた。
posted by FOJI at 22:44| Comment(0) | BC SKI 森吉山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: