2016年12月21日

オーバースペックで正解だったかも

DSC00923.jpg
珍しく晴天が三日も続いている。
新たに供給される雪のほうが歓迎なのだが、今までできなかった偵察行をするのには好機。
迷いもあったがここはゆっくりスキーツーリング的に八幡平の森へ。
DSC00919.jpg

DSC00920.jpg

DSC00921.jpg
といいつつスタートがまたも11時30分をまわっている余裕の無さ(汗)。路面解凍で安全に走行できる時刻の出発にするとこうなってしまう!?
秋田八幡平の国見台or栂森・・どちらにしても取りつきからブッシュを気にせず登っていけるのは、さすが1,000m近い標高のおかげ。
BCクロカンにするか細板ウロコテレマーク仕様にするかそれとも・・陽当たりのよい雪面は充分効きそう🎵と結論がでてファット❗ウロコテレマーク👊
DSC00925.jpg
登るにつれ薄皮のパリから数センチ厚のアラレクラストと変化していった雪質は、ズボっと沈むこともなく腕力で支えていけばそこそこスムーズに高度稼ぎできる。針葉樹林帯に入ると、滑りも快適そうな錯覚を覚えたがやはり錯覚だったと後で知る。
DSC00933.jpg

DSC00939.jpg
雲の流れから察していた通り、広い斜面に出ると強風に叩かれたハードパック⤵
そろりそろりと滑りこんでよさげなスロープを探りながら・・どこへ行ってもクラストばかり・・樹林帯に入ると枝から落ちた雪塊が⤵⤵
高度を落としてブナ林に入り、いくらかユルユルの雪になったところで、ようやく強気?でターンできるようになった。細い板で行ってたら一人大撃沈祭りだったかもしれない🆗
この時期シールレスで動きまわれ、また予想以上に積雪があった秋田八幡平界隈の様子見ができたのはいい収穫。
posted by FOJI at 18:30| Comment(0) | BC SKI 八幡平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: