2016年06月19日

7割登山のBCXC

DSC00792.jpg
百宅から見ると明らかに白い面積が多い。
今日はこちらからの登山コースが山開き。募集登山も実施されるということだったので、別行動ではあるが様子窺いに行きたくなった。
同じような時期テレマークブーツを履いて登った記憶が・・はっきり思い出せない。かなり下のブナ林も疎らな残雪を辿ったような・・雪の多い年だったか??
DSC00793.jpg
あれほどの大きな雪斜面が存在するのだから当然スキーである。
しかも人気コースのように石組みされた歩道になっていないので落ち葉の詰まった土の上を歩ける!ならばクロカンブーツがぴったり💡ということでBCXC仕様。
AM10:00(遅いっ)、山開きの募集登山隊はとっくに出発しており、静けさの鳥海山百宅口大清水園地からクロカン板をぶら下げ歩き始めた。
DSC00800.jpg
懐かしさを足裏に感じながら?ドロドロの時もあったなと思い出しつつ、ひたすら単調な登りに汗をかなり噴きだし6合目タッチラ坂に到着したところで隊の最後尾に追いつく。
先頭集団は8合目の唐獅子平あたりにいるらしく、AM11:30になったら行程終了という話のようだった。・・が、避難小屋にこちらが着いて中を覗いてみると・・同隊の休憩されてる方がお二人だけ。みなさん山頂へ向けて登っていったとか。天気も良いので必然的にそーなるか。
DSC00802.jpg

DSC00807.jpg
小屋下にも手(足)頃なスロープがあったので、そこをゲレンデにして楽しむことも一案だったが、外輪から下に広がる特!大斜面を見てしまったら先へ進まざるを得ない✊
隊の方々が夏道を登っていく姿を眺めながら、斜面途中からは板を履きウロコを効かせて雪の先端まで登りきり、大腿筋を縮めるとピクピクきそうなほど登り応えもあり💦
DSC00808.jpg

DSC00812.jpg
登りながら驚いていたのはなんとタテミゾが浅いのか❗しかもフラットな面も広い🎶
大腿筋が元気ならガシガシ行きたかった〜👊まあ充分(楽なトコロを)滑ったけれど😃
DSC00816.jpg

DSC00819.jpg
こちらもへとへとになる頃合いに登山隊も戻ってきて、唐獅子平からの下山は隊員たちに混じりながら。
歩きになってからが長い。ところどころ若干泥濘化、しかも登りでは気にならなかったブヨの大群が大清水園地までずっと同行してくれて約1時間半💨
少雪だった今季、これほど状態の良い斜面が残っているとは奇跡的。問題はアプローチするための体力🆗
posted by FOJI at 23:16| Comment(0) | BC SKI 鳥海山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: