2016年04月26日

東森吉オープンスロープでBCXC

DSCN3705.jpg
森吉山東方に連なる峰の一角・小池ヶ原の稜線にぬけようとする辺り、先日たっぷり遊んできた向岳の大斜面にその時のシュプール痕跡が👀
そして足元には無垢の面ツルフラット🎵(ふつうここまで誰も来ない)がヒバクラ岳の東面まで続いている。DSCN3688.jpg
めったに訪れない好機。
晴天日連続でいいザラメ雪となり、しっかりと板のウロコが噛んで、原生のブナに覆われた斜面をゆっくり登っていくのが気持ちよい。
昨秋の豊作のせいか、数多くの熊棚がかつてないほど目に入ってくる。
DSCN3734.jpg

DSCN3730.jpg

DSCN3735.jpg

DSCN3721.jpg
TELEMARKSKI仕様よりはBCXCの方がうろつくのには相応しい。
きちんと業務をこなしてから🆗休憩名目の時間を有効に?使いクロカンダウンヒルをしばらく。
スロープ末端の沢底まで行ける👊が・・登り返すのを頭の片隅にいれ適当なところでブレーク💦
広すぎていいラインをとるのに悩んでしまうほど。
DSCN3746.jpg
仕事再開。
モロビ〜ダケカンバ〜ブナと、またゆっくり高度を下げながら周囲の観察を終え入山地点に帰還。
カラカラに渇き、我慢できずにほとばしる流れでのどを潤しスロープの全貌が望める丘へ移動すると、なかなかい感じでシュプールが👀
間違いなく自己満足✌
posted by FOJI at 19:34| Comment(0) | BC SKI 森吉山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: