2016年04月24日

今季楽ちんアプローチ最後

DSC00479.jpg
ゲレンデも土が現れだしブナ林の雪も数十cmの厚みしかなくなってきた西斜面。
森吉山阿仁スキー場は今日で今季営業を終了するとのこと。
ゴンドラを利用して山頂部の大斜面を比較的気軽にアプローチして楽しめるのもこれで終わり。

DSC00467.jpg

DSC00472.jpg
千葉のO田さんと東大斜面三昧の予定🎶
朝から強い陽射しで、ザラメによく噛むウロコ板がいい働きっぷり🆗
ブッシュの起き始めたゴンドラ上部から一気に外輪〜滑走〜向岳西斜面。
DSC00475.jpg
黄砂影響のせいか周囲の山々は霞んでぼんやりとした展望。
登るにつれて雪面が光りだし、ちょっとだけフィルムクラスト⁉⤴⤴
DSC00482.jpg

DSC00486.jpg

DSC00484.jpg

DSC00496.jpg
雪のない山頂に達し、さっさと😃無垢の東斜面へと滑走体制👊
シールレスだと作業いらずで早い💡
降りきって荷をおろせば、そのあとは休憩して自由時間、また🆗
ひと組2名のATスキーヤーが途中まで来た以外はずうっと貸切で気兼ねなし。
その後北まわりで移動しながら&また適度に大斜面へ落書きしつつ裾をまきながら&せいぜい6〜7本しか刻まれてなかった他のシュプールを拝見しながらT沢源流を通過してノーマルルートに合流し(ながらも少し脇にそれて💦)下山となった。
前日不慮の事態に遭遇し予定の行動をとれなかった分、雪も天気も素晴らしい条件となってくれ、ウロコ板に相応しい森吉山BC SKIを満喫していただいたはず✌

<前日のこと>
DSC00465.jpg
午後には寒冷前線が通過して雨が降るかも・・と。
南寄りの風もそこそこあり、ゴンドラを降りて風下にあたる稜線下をトラバースしながら滑走に適したスロープへO田さんとともに向かっていた。
途中で新しいツキノワグマの足跡と交差、この辺りでも活動しだしたのだなあと足跡の行先を目で追っていくと、斜面下方に横たわる人物が見え、まさか!と近づいて服装・装備を確認してみると、今冬2月20日に下山予定のまま行方の知れなかったかたに違いないと判断。
ケイタイ通話可能な位置まで登り進み、管轄警察署に通報。
いったん阿仁ゴンドラ山頂駅舎に戻り待機。警察隊・消防隊と合流し午後になりガスで視界の効かなくなった中を発見現場へと向かい、収容作業に協力し急斜面を稜線まで引き上げ、阿仁スキー場のスノーモービルにも出動してもらい、なんとかその日のうちに山から下ろすことができた。
合掌。
O田さんにはその間ずっとゴンドラ山頂駅舎休憩所で待っていただいてた、という次第。
posted by FOJI at 21:51| Comment(2) | BC SKI 森吉山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
3日分位、ブログをまとめて見さしてもらっています。良かったですね。執念が通じたんじゃないでしょうか。
Posted by 松ちゃん at 2016年04月25日 15:02
松ちゃんさん>
なにかが導いてくれたんでしょうね。
ホッとしました。
Posted by foji at 2016年04月25日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: