2016年03月12日

まさかまさかの新雪八幡平

DSC00110.jpg
事実上今季のシーズンインが今回!?というMさんご夫妻と秋八後生掛温泉界隈の BC SKI 二日間。
最近の雨で刻まれてしまったタテミゾが一番の懸案事項だったが・・。DSC00049.jpg

DSC00053.jpg

DSC00055.jpg
初日は、時々青空がのぞく意外にも穏やかな空模様。なにしろ下界は快晴で山にだけ雲がかかっている状況。
そしてなんと10cm近い軽〜い新雪がふんわりと積もっている🎵
タテミゾを覆って、しかも底のガリがしっかりと固く、さらに樹林帯は風も弱かったので寒さも感じずほぼ快適な移動。
DSC00058.jpg

DSC00070.jpg
ところがさすがに稜線に出ると、冷たい強風が新雪を飛ばし去りガリとミゾを露わにしていた。
風下の雪だまりを探して滑りこむようにしたが、積もった分は急斜面では簡単に流れ落ちていく💦
ガリガリむき出しじゃないだけありがたい。
DSC00073.jpg

DSC00074.jpg

DSC00079.jpg
ちょうど沢の源流を周回するようにルート取りしたが、再び通過するアオモリトドマツの樹林帯がなんとも XC SKI 風でよかった。
DSC00083.jpg
今日は足元をステップソール板に統一し、強風で楽しめなかったオープンスロープを集中的に攻める(?)目論み。
DSC00099.jpg
また増量している軽い新雪には驚き!
暖かさも加わり展望も良好、そして下界同様にさらなる晴天🎶
DSC00095.jpg

DSC00104.jpg

DSC00100.jpg

DSC00116.jpg

DSC00117.jpg
稜線越しの風は多少冷たさを覚えるものの、太陽が力強いので、繰り返して登る滑るスタイルには好都合の気温。
タテミゾの縞々もよく見えるし、また新たに載ったふわふわ雪がほどよいクッションとなって〜⤴
一面を借り切って次々とシュプールを増やしていったワレワレ。
ほかには尾根沿いを辿っていった3人組のスキーヤー、中腹での自然観察会の団体のみ。
遊び場を独占🆗そんな贅沢感でいっぱい。



posted by FOJI at 22:38| Comment(0) | BC SKI 八幡平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: