2015年04月26日

細革率高し 南八甲田ステップソール

DSCN0098.jpg
基本的にみな板は細い。
St.Elias Waxless ×3、Karhu GT & 10th Mt、Salomon XADV 。うち革靴4人!
さすがまほろば倶楽部ゆかりの面々。DSCN0096.jpg
昨日今日と風が強めの二日間だったが、陽射しが常にあったので、絶望的なカリカリとは無縁の、ウロコがよく噛んでくれるザラメが南八甲田横岳逆川岳界隈に敷かれていた。
シールはいらない決定っと断言したものの無事こなせてひと安心。
DSCN0083.jpg

DSCN0093.jpg

DSCN0097.jpg
広大なフラット斜面を滑っては登り、スペースをそこそこ埋めてしまいそうな勢いだったものの体力に限界あり(笑)。
RSCN0117.jpg

RSCN0118.jpg

RSCN0119.jpg
いまどきの林間にはそれなりに障害も多いので、余力は残しておこうという教訓ひらめき
DSCN0109.jpg

DSCN0111 - コピー.jpg

DSCN0114.jpg
逆川岳のシークレットゲレンデexclamation&questionでも、変則的登りルート試練のあとに滑りを披露する一隊は、みんなウマい手足さばき。
ウロコ板でツアーに出ると楽しさ倍増しつこく再認識手(チョキ)
ということでまた行きたくなってる南八甲田。
posted by FOJI at 18:32| Comment(0) | BC SKI 八甲田連峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: