2015年03月28日

SPL LONG 再び

DSCN9713.jpg暑くなりそうな予感。
しかし、こんな時こそ大斜面を颯爽と滑り降りるのにぴったり決定DSCN9705.jpg
晴天域に入ってさらにちょうどよい風が通り・・キラキラとフィルムクラストがスロープを飾っているのがみえる森吉山稜線付近。
Sさん・Kさん・Tさんなどなど・・知り合いのTELEMARKSKIERSもBC出陣態勢をとるなか、ひと月ぶりに来訪の関東女流テレチーム4名と昨年同様再挑戦手(グー)
DSCN9709.jpg
テンポよく山頂を通過しめざすは東斜面。
先週も同じルートだったが、すべてリセットされているのがうれしい。
DSCN9717.jpg

DSCN9715.jpg

RSCN9741.jpg
文句なしの開放感とロケーショングッド(上向き矢印)
一気にU沢源流へ吸い込まれ、そこでランチタイム。
誰か・・?ついさっき?ヒバクラ岳方面へ向かったスキートレースがある。
DSCN9723.jpg

DSCN9726.jpg

RSCN9740.jpg
今年(今回)はみごとに全貌を拝める向岳を背に次なる乗越へ。
良い目印でもある大スギの洞で戯れる余裕もできて移動に不安は無し。
カンバ森北向きのフィルムクラストが最高であったるんるん
DSCN9734.jpg

DSCN9736.jpg

DSCN9738.jpg
そして覚悟の樹林帯は、気温も上がる時刻となり、やっぱり制動かかりまくっての危険地帯。
クマ棚の多いミズナラの尾根に入る辺りから、誘導するように続く新しい獣の足跡・・テンorイヌor・・。
ザラメはゆるゆるとなりフィナーレは課題MAXあせあせ(飛び散る汗)の送電線下・・ん〜みんなの課題。
posted by FOJI at 22:36| Comment(0) | BC SKI 森吉山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: