2015年03月26日

いったん冬の姿に戻った

DSCN9624.jpg
さて暴風雪が去って如何様になったものか、森吉山。
外輪の風下雪だまりには2m近い新雪層exclamation×2
旧雪との境目にはアラレがそのまま・・そしてショベルコンプレッション手首のトン一発でせん断あせあせ(飛び散る汗)板が沈まぬハードスラブだが、南〜南東の STEEP! には入らぬほうがよさそう。DSCN9623.jpg

DSCN9621.jpg
稜線付近、風のブチあたっていた向きはほとんど新雪がつかず、ガリ剥き出しにライムがびっしり。
雪が張りついたところでもシュカブラだらけ。風下のスラブは気持ち悪いし・・。
DSCN9633.jpg

RSCN9640.jpg

DSCN9637.jpg
ではひらめきと高度をおとして、枝から落ちたライムがパン粉のように敷き詰められた樹林帯の偵察。
うんうんなるほど〜るんるん
見当がついたので午前中で終了。
posted by FOJI at 16:13| Comment(0) | BC SKI 森吉山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: