2015年03月01日

南八甲田再燃!?

DSCN9221.jpg
久しくご無沙汰していた八甲田山域。
里山ではスカスカのザラメとなってしまったが、まとまった新雪が山肌を覆ってくれた連峰の姿は美しかった。DSCN9194.jpg
二日間の偵察行。
初日は沖揚平から横岳。
DSCN9200.jpg

DSCN9215.jpg

DSCN9217.jpg広い尾根上は、風の通り道でガリと浅い吹き溜まりで登りやすいけれども滑走不適。
北八甲田も上部は雲の中で常に風が唸っている。
徐々にガスが下りてくるし新雪はソフトなスラブ状で旧層と結合弱いし・・樹林帯の風下に逃げざるを得なかった。底付きがないほど厚く積もった密POW!がありがたい。


DSCN9223.jpg本日は城ヶ倉大橋Pより逆川岳。
すでに先発5〜6名トレースがあり、除雪壁に階段構築感謝!
DSCN9230.jpg

DSCN9232.jpg

DSCN9241.jpg
視界良好で北八甲田も全貌がくっきり。
いろいろ穴場?など観察しながらじわじわとブナ林を登ってみるが風はやはり止まず。やがて雲がまとわりついてきた。
幾分湿っぽさと弾力を増したような新雪は、稜線付近からはクラストやらウィンドパックやら・・であっさり撤退。
ゆるやかな林間スロープを辿って戻るしかないが、雪の感触はよかった〜。


今回のお宿は、黒石市にあった旧ユースホステルを改装して昨年オープンの森のあかりさんへ。
また来月南八甲田 BC SKI TOUR のベースに決定
お勧めデス。
posted by FOJI at 22:47| Comment(0) | BC SKI 八甲田連峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: