2015年01月21日

THE DOME もリセット

DSCN8705.jpg
さて大寒をむかえ、それなりに街中でも吹雪模様となり、気になるのは山の雪。
POW!は溜まってるか・・また飛ばされてしまったか・・現地に行ってみないとわからない。
この機会にちょっと変則的ルートでの田代岳アプローチ。
DSCN8697.JPG
ガッツリと急登のつもりなのでファットウロコ板に細めのシール仕様。
危惧した激ラッセルとまではいかなかったがきつい登り。なにしろ樹林帯は無風でサングラスがずいぶん曇る。
DSCN8699.jpg
尾根の末端へ乗る直前にぱっくりと口を開けたクラックが隠されていた。探っていくと長さは20m以上続き、上から見えそうもないので滑走時に落下しないよう気をつけないと、他でも。
DSCN8704.jpg

DSCN8726.jpg
傾斜が緩んでようやく一息タイム。
ノウサギやカモシカが動きまわっている痕跡がたくさん見られた樹林帯上部で表層は締まってきた。
DSCN8713.jpg
波模様の消えたドームは穏やかな表情。
先行スノーシュー1名(か2名?)はすでに下山したようだ。
あまりにきれいな一面に我慢できず一本滑りこむと、やってきたYさん・Fさん・Tさん。
引き戸の氷を取り除き山頂神社で昼食をとっているとそれなりに冷え込んできたので、吹きこんだ雪を外に排出しカラダを温めなおしてから出発。
DSCN8718.jpg

DSCN8721.jpg

DSCN8722.jpg
S尾根経由で戻るお三方と別れドーム東面2本、そしてKA沢界隈を味見してから巨木の森 STEEP! への移動はシールレスexclamation
風の通り道には底のザラツキを感じたが、ほぼ深い新雪に覆われてまたバホバホの雪風呂に浸かれるほどに更新された田代岳。
DSCN8733.jpg
下山すると最終だったが、自分の登りトレースを辿ったひとは??
O尾根を下ったシュプールひとつ、それともS尾根に?誰にも遇わなかったけれど・・。
posted by FOJI at 23:08| Comment(4) | 田代岳 BC SKI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
AT、SKI、Kです。こんばんは。ブログを見るのが遅くなりました。
21日のFさんのトレースを使わせてもらったのは、私です。
ありがとうございます。
本当は山頂に行ってお礼を言うつもりでしたが、別のルートからのトレースがあったので、神社は満員ではないかと思い、後からメールでお礼を言うつもりで、ドームの下から緩斜面のルートを滑りました。
Fさんの車が止まっていたので、登山道入り口で、たぶんFさんのトレースだと思いました。
まるで、一本一本の木を知っているかのような、安全で見事なトレースに感動さえ覚えました。
さすがです。
あのルートは雰囲気も良いですね。
帰りは同じルートを、Fさんより先に滑るのが失礼なので、緩斜面の方を滑りました。
連絡するのが遅くなって、すみませんでした。
今度は、あのルートを自分でラッセルしたいですね
また山頂で会いましょう。

Posted by 能代の木村 at 2015年01月23日 22:00
木村さん>
きついルートだったかと思います、普段は登りに使いませんから(笑)。
今回は斜面の状況を確かめたかったので・・雪が深ければ深いほどいいラインですよ。
Posted by foji at 2015年01月25日 22:52
ダイレクト尾根往復でしたか?

25日は、赤倉・井戸・大岳・酸ヶ湯縦走。
ロープ3回待ちで、三沢の白や黒多数で混雑。
Posted by 加藤 at 2015年01月26日 06:41
加藤さん>
有名どころの山域はどこも混雑だったでしょう。
今回は往復まったく違うラインで動きまわって来ました。
Posted by foji at 2015年01月27日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: