2014年06月09日

森吉山麓古道めぐりなど

DSCN6197.jpg
森吉山の東〜南東麓に自生する天然記念物桃洞スギ・佐渡スギ方面をつなぐ裏安滝歩道へ。
ずうっとブナの森をたどれる気持ちよい古道であるが、やっぱり残雪は多かった。DSCN6183.jpg

DSCN6171.jpg

DSCN6168.jpg

DSCN6199.jpg
8年ぶりの豊作で昨秋落下していた実から次々と芽生えてくる季節。
踏まないように歩くのは不可能・・でも、できる限り足元には気配りしながら目的地まで。
若葉の林内は陽射しを遮り、かつ明るい空間で快適だったが、なぜか立ち止まると群がってくるハエ・・水分(汗)によってくるのか?
DSCN6206.jpg

DSCN6203.jpg
その後、時間に余裕があったので、下流にあたる安滝歩道もちょっと見ておこうと移動。
大雪の影響があちこちにみられ、一部歩道にもまだ残雪。
DSCN6208.jpg
奥に向かうと、枝沢を埋める雪渓末端がちょうど歩道を覆っており、しかも中央部がかなり薄そう。
通行注意の立札はあるものの通過する勇気?はなかった。雪上を上流へ向かい適当なところで対岸へ渡り下降してくるのがよさそうだが、それでも何かのきっかけで崩壊してしまいそうで不安いっぱい。
本流にもスノーブリッジがかかっている・・今日のところはやめておこうという結論。




posted by FOJI at 19:12| Comment(0) | 山歩森吉山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: