2012年04月20日

春山BC SKI撮影隊

s-DSC08764.jpg
ながらくアタタメられていた企画・森吉山BC SKI Spring Versionの撮影に。
3月(実は未公開)の続編になるのか、はたまた再編作になるのか・・近日公開決定となりそう。
s-DSC08758.jpg
O-CAMさん・S-ANAさんの不動レギュラーに若手O川アシスタントが加わったNHK秋田放送局チームと、今回は旧森吉スキー場からアプローチして、山頂からの滑走シーンを。
s-DSC08746.jpg

s-DSC08773.jpg
待ちに待った青空グッド(上向き矢印)
無風に近く暑いほどの日和で、ユルみきったザラメ雪を登っていくのは長閑なもの。
いまだ豊富な残雪が移動を楽にしている。
s-DSC08759.jpg

s-DSC08762.jpg

s-DSC08772.jpg
例によってじっくりじっくり撮りながら。
で、滑走開始は・・午後5時前exclamation&question
夕照の日本海に向かって、雨溝模様のスロープに飛び込んだ手(グー)
s-DSC08771.jpg
そして SUNSET CRUISE になってしまったパリパリのゲレンデ跡あせあせ(飛び散る汗)

4月26日(木)ニュースこまちでの放送が予定されているので、ぜひ。
今回も弾けていたS-ANAさんのコメントが愉しみだ〜。





posted by FOJI at 23:21| Comment(6) | BC SKI 森吉山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよ放送ですね。楽しみです。
ウチのブログにもリンクを張って紹介しちゃいました。
雪はたっぷり、ウロコのシーズンですが職場と家庭で休みが取れず悶々としてます。
Posted by いがらし at 2012年04月21日 22:37
いがらしさん>
いやぁお待たせしました。
3度目のナントカでようやくいい画が撮れたと思います、雪はともかく・・。
厳冬樹氷から春のまったり感、どういう展開になるんでしょう?私も楽しみです。

シーズン長いですよ。
Posted by foji at 2012年04月22日 19:28
初めての書き込み、本荘山の会の事務局です。
O-CAMさん・S-ANAさんというと誰だか分ります。S-ANAさんは1昨年の鷹巣山岳会大寒登山で山スキーデビューを果たされた方でしょう。

O-CAMさんはうちの会員のはず。
20日の総会もこの仕事のため、出席をキャンセルされましたから。

本人から放映のアナウンスがあるはずと思っていましたが、こちらの情報のほうが早かったようですね。私も楽しみにしています。

2月11日夕方、テレマーク山荘でちらりとご一緒した5人のうちの一人です。
翌日は4人で阿仁スキー場からゴンドラの運行を1時間ほど待って、一の腰を超えてテレマーク山荘に戻りましたが、腰までのラッセルと−20近い寒波と吹雪で3人が頬に凍傷ができてしまいました。
職場の笑いを取ってしまったとか。

しょうすけさんのサイトからこちらに飛びました。
Posted by こんたろう@本荘山の会 at 2012年04月23日 14:38
こんたろうさん>
その節はどーも。
夜の部ご一緒できなかったこと残念に思っています。

鳥海山は、やはり本荘山の会さん情報を頼りにしていますよ。

今回、空模様のわりにコンディションが良いとはいえず、滑りには苦労しましたが、O-CAMさん入魂の力作をご覧くださいませ。
Posted by foji at 2012年04月24日 20:11
やっと放映されましたね。
山の楽しさと安全への配慮を伝えてて良かったなぁと。編集素晴らしい。
空撮まで?したんでしょうか。気合い入ってますね。
いろんなシチュエーションで撮影し、最後は対斜面からの撮影。
大変だったろうな、と見ながらの感想。
最後の滑走シーン、斜面は輝き、FOJIさんのシュプールはくっきり、
そこを滑るSアナ、見る人を惹き付けたんでは。と。
一人でも二人でも、この方面に興味を持って貰いたいです。
Posted by いがらし at 2012年05月02日 21:54
いがらしさん>
ん〜、的確なコメントありがとうございます。
Sアナさんの体験記としてうまくまとまってましたね。
図らずも(想定内?)夕照のなか滑走・・なかなかドラマチックな画です。
Posted by foji at 2012年05月03日 14:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。