2009年08月22日

秋を告げる風は強すぎた

実は先日鳥海山に向かいながら、近くにヨイとこあるじゃないか!と車中思いついていたのが北八甲田。わざわざ苦労せずに楽しく歩けるメインルート、今はこういう登山をしておきたい気分なのだ。地獄湯ノ沢から南八甲田のあの斜面が‥心地よい風がふきあげていた、この時は。
登るにしたがいまともに吹き付けられてヨロヨロ歩行にならざるを得ない。ちょっと緊張感のあった大岳越え。
それに比べて毛無岱の湿原は天国のよーな散歩道。展望も申し分ない。
紅葉の一番手はやはりヤマウルシだ。やがてミネザクラだのナナカマドだのと後続がひかえているんだろーなあ。

久々にF家で山歩きは八甲田連峰。標高900mの酸ヶ湯温泉ベースに反時計回りの周回コースは遅めのスタートでも余裕を持って完結できるはず。
登り始めに大岳のアタマにまとわりついて高速で流れていた雲はすっかり消え去って全開となった姿に気分高揚‥だが、15m/secを超える風は力強かった。カラダが持ってかれる〜。そんな状況で大岳を目指すヒトビトも凄かった。
そよ風くらいにしか感じなくなった毛無岱を歩きながら、秋近しだなぁと思える色彩の中に見つけたアキノチングルマの純白花びら。いつもこの時期この辺に咲いているのを思い出した。いつであったか、前回はカラダを傾けて歩かなければならなかった歩道のヤブもきれいに刈り払われて、とても気持ちのよい山歩の出来た一日。井戸〜赤倉岳にも足を延ばしたかったが、あの風では…。
posted by FOJI at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩八甲田連峰 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/176541758

この記事へのトラックバック