2010年06月04日

宴会つきの開拓系(ん、逆?)

昨日午後3時過ぎから始まった、八合目小屋ベースの周辺ルート開拓 with 石木田さん、いや、ついていっただけだが。この沢を詰めていけば阿弥陀池へ…と一発目、開いてしまった流れとブッシュに阻まれ敢えなく撤退どくろ
気を取り直して、まあノーマルに落石&タテミゾ地獄(?)の鉱山ルートで。
やってきた、阿弥陀池極楽浄土的水辺。夏道を使って男女岳にも立ったし、夕暮れドキだし‥。
あとは予定通りにサンセット(にはまだ早いが)クルーズ八分音符東面を2本ほど。雪のつながった沢からシャクナゲ歩道を経由して、それなりにかいた汗を労う宴 at 八合目小屋へ突入!!石木田さん持参のミズ・ワラビの山菜とこちらの弾ける焼き肉、それに適量のアルコール飲料を流し込めば、もう完璧に爆睡モード。
夜明けとともに位置について、サンライズラン!は、明らかに無謀な計画だった。宴のヨーイドン!からして遅すぎた。しかも飲みすぎっ。体内のアルコール分解が進まないなか、今朝は笹森山の夏道沿いにある残雪ラインへ。片斜面・急斜面の練習になる?
赤倉沢渡渉点付近の一部だけ歩道、あとはすべて雪の上を移動できる。時期を考慮すればラクラクと動き回れそう。八合目小屋に泊まるつもりだと、この辺りだけでもずいぶん滑りルートがとれそうだという結論 by ステップソール板。
道路開通後は確かにアプローチの苦労ナシだが、問題点が…昨晩は、菊水フナクチナマゲンシュ4合瓶にやっつけられたパンチ
【関連する記事】
posted by FOJI at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | BC SKI 秋田駒ヶ岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやはや、二日酔い・・申し訳なかったです。
今度はしょーちゅーにします!ん?
いつかサンライズ、やりましょう!
Posted by いしきだ at 2010年06月05日 07:09
いしきださん>
いやあ、ほんと楽しみました。ウマい酒肴にオマケのようなバックカントリースキー、新たな展開をむかえそうな予感。クロカン欲しい‥。秋田駒の魅力、再認識出来たし、ありがとうございましたうっしっし
Posted by FOJI at 2010年06月05日 21:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック