2010年07月28日

避暑地deお花見

ゲリラ的な降雨の心配もいったん薄らいだよーだし、街中にいても蒸し暑いし、かといって山に登っても樹林帯の通過でバテバテになりそーだし…それでもなんか高原の風にあたりたくて楽ちん八幡平へ。つづく。トンネルをこえると夏の陽射しがあったりしてけっこう登山日和かも。しかしそれも束の間、八幡平アスピーテラインに入ると、ヒンヤリした空気とともにガスが流れ込んできた。雨が落ちてくる様子でもないし、グッショリ汗かき登山しなくてもよさそーな感じが。でもなんだか気乗りしない。なにしろもうお昼であった at 登山口の蒸の湯休憩P…簡単な散策を考えていたので飲食料に不安。風もそこそこ強いしガスも濃くなるし、とりあえず県境峠まで行ってみるかと、もちろんクルマで。
なにも見えなくなっていた…が、せっかく来たから30分くらい歩いてみよーと至近の遊歩道を巡ってみた。景色は全く期待できないが、足元の彩りに目がいって、予定の3倍くらいも時間がかかるとは‥じっくり周回して夏の花見を。
避暑どころか寒いくらいだったが、八幡沼周辺の自然探勝路ってなかなかイイなぁと再認識。非日常の空間がクルマをおりるとすぐそこに、か。
posted by FOJI at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩八幡平 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/176541593

この記事へのトラックバック