2010年09月15日

白神岳 侮るべからず

先日、飯豊の尾根歩きでいくらかカラダも山慣れしてきたみたいだし、しばらく足の遠のいていた白神岳でもサクっと行ってみようか、と急に思ったのだ。つづく。一時閉鎖されていたこともあるが、はじめて白神川二股からクラシックna西尾根ダイレクト…甘くみていた。艶やかでカラフルないでたちのヤマカガシに迎えられて取り付いた末端からいきなりの急登。噴き出す汗・張りだした枝に頭突き・上がらなくなる脚‥こんなにキツいとは下向きカーブ矢印そろそろ終わりだろうと期待した地点でまだ中間、稜線はブナの樹間からはるか上にあるのが見えた。高度差760mほどの9割がたがロープフィックスという、まるで超有名ルートなみの待遇(?)だが、決して安易に選択してはならないと実感した。ちょうどガスが湧いてきてゴールが見えず、森林限界をこえても続く急傾斜…こてんぱんにやっつけられて数人の登山者が憩う山頂広場に抜けだした。
一瞬、世界遺産核心部の景色が広がったが、すぐに白くおおわれてしまった。そばの避難小屋では、前日から泊まり込みで改修工事の方々が作業しておられ、すこし小屋の外壁も明るめにお色直しの様子。
十二湖からの大峰分岐でガマンしてきた空腹を満たし、そーいえば10年近く前になるのか、この縦走コースで訪れて以来かもしれない、と曖昧な記憶。車止めのトイレ休憩棟も無かったし。
ほどなく蟶山経由で下山したが、先行して降りていった八戸からという単独の若いかたも、二股から登ってタイヘンだったらしい話を。
ガスの切れ間に、すぐそばのおだやかな日本海があらわれて、これでなんだか気分がスッキリ。間もなく登山口というあたりでは、浜からの涼しい海風が、疲労困憊のカラダを癒してくれた。
ブナもよいが、天然更新を繰り返して美林を形成している津軽ヒバの空間は見事である。赤御影石のゴロゴロした、澄んで豊かな流れには、ゆったりとイワナが遊んでいるし、沢沿い一面のミズ群落などなど‥白神山地のフトコロを垣間見られる二股コースを歩いてみて、ちょっと魅力を。あぁ、やっぱり沢だ!白神は。
posted by FOJI at 17:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 山歩白神山地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
多くの山行報告が興味深いです。福士さんがブログを公開していたとはつゆ知らず。。。。Dry.のいそうな所はチェックしておいていただけると幸甚です。それにしても今年ほど、春が待ち遠しい冬はないですね!
Posted by 藤井忠志 at 2013年02月10日 09:01
藤井さん>
ブナの森では常に窺っております。
今後ものぞきにいらしてください。
Posted by foji at 2013年02月12日 22:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/176541585

この記事へのトラックバック